ホーム > 「運命」ブログ > 資料として

資料として

デヴァイン(神聖なる)タイミングに関して 神様と約束した運命、使命・・・ 

 

 

 

 

あなたへ贈る この人生で何がしたいの!

「デヴァイン(神聖なる)タイミングに関して」

デヴァインタイミングとは?

産まれてくる前に創造主(神様)と約束した運命、使命

創造主からの使命を持ってこの世に産まれることになるタイミング

私たちがどうしてここに居て、何を行う為にやって来たのかということ

何かを達成する為にやってきた使命

デヴァインタイミングとはあなたを突き動かすもの 強い願望 とても強く望むもの 熱狂的に引っ張られるもの

デヴァインタイミングを生きるとどうなるのか!

(生まれる前に創造主と約束した運命) 
私たちのデヴァインタイミングに関わる夢や希望ならユニバース、宇宙がサポートしてくれる

デヴァインタイミングの道を進んでいれば必要なものは全て手に入る

※ デヴァインタイミングから外れることをしていれば修正される力が働く、 結局のところ、多分知らずのうちに、いずれにせよデヴァインタイミングを迎えるようになる

さてさて! 
あなたの魂を揺さぶるほどの強い願いことは何でしょう?!

今生の使命から遠ざかってないかな〜(*⁰▿⁰*)

それともまっすぐに歩いている?!

近々会いましょうね〜(๑・̑◡・̑๑)

※ 写真は長安寺(箱根)で大好きな方
今思えば・・・亡くなった父が機嫌よく酔った時に見せてくれた顔だ

シータのお祈り

シータのお祈り

 

大いなる精霊において

 

大いなるグレートスピリットにおいて

 

父なる空 母なる大地

 

風に 火に 水に 土に

 

天なる父 天なる母 天なる神において

 

すべてなるものの創造主アタナハにおいて

 

今日の一日に 感謝します

 

私達のすべてなるものに感謝します

 

今創造している最高最善の私達の人生に感謝します

 

アタナハにおいて オホッ♪

日本ラグビーの強さの原点がここにあった・・・ 記事リンクのご紹介!

日本ラグビーが強くなった原点がここにあった

ここを越えたから強くなったのでした 

 

参考データとして

素晴らしい記事だと思ったのでご紹介します。

 感動のリンク紹介

http://grapee.jp/98243

歴史を学ぶ意味! 《 戦争へ行った父を50年もの間、勘違いしていた自分 》「自戒の為に記す」 ※ シータ的に云えば洗脳、思い込まされた考えに気がつくこと!  歴史資料として一級品!

 
 
 
 
 
 
歴史を学ぶ意味!
 
《 戦争へ行った父を50年もの間、勘違いしていた自分 》
 
「自戒の為に記す」
 
 
※ シータ的に云えば洗脳、思い込まされた考えに気がつくこと!
 
5〜6年前に父を亡くしました。
 
亡くなるまで父と分かり合えることはありませんでした。
 
 
「戦争に行って人を殺してきた人だ」
 
 
と小さな頃から思い込み、父がお酒を飲んだ時の大声に
恐怖を感じて過ごしていました。
 
その戦争がどんな意味があったのかも理解せずに一方的に
54年も父を拒否していたのでした。
 
 
そんな親のそばに居たくないと故郷の沖縄を脱出して本土へ住み40年が経ちました。
 
なぜこのような運命を選んだのかを考えた時に、自分が受けた歴史教育にも
原因があることが分かりました。
 
 
 
日本人は戦争でたくさんの酷いことをしてきたのだ。
 
と教え込まれ自責の念を植え込まれていたのに最近になって気がついたのです。
 
歴史教育や新聞からマインドコントロール、洗脳、を受けていたことに気がついたのです。
 
 
正しい情報を小さな頃から受けていたら父との関係も少しは違ったのでしょう。
 
と云う訳で腑に落ちる歴史観を紹介することは
自分がどう歴史教育を受けてきたのか、
自分を辱めたり自責の念をお持ちの方にはとっても
何か気がつくことに繋がる機会になると思います。
 
 
 
 はっきり言って長いです!
 
 
時間をとってシッカリと読み込んで欲しいと思います。
 
皆さんが読み終わった後にはストンと一皮剥けることを期待しつつ。
 
 
 ※ 読むだけで
 
 
「自分の先祖、日本人は素晴らしい」
 
ことが呼び覚まし、ダウンロードされます。
 
日本が韓国や中国に叩かれる裏の意味が理解できることと思います。
 
 
※ どんなに叩かれようがシッカリとした
 
《 自分自身の核心を作る 》
 
ことにもなると思います。
 
 
今回は真面目な歴史のお時間となります。
 
ではそろそろクリックして読み進めてくださいませ。
 
※ 気になるところからクリックして読み進めてくださいね♪✨
 
 
ヽ(´o` ヾ @⌒ー⌒@ ⌒-⌒ * `へ´ *
 
 
■日本近代史 (日本は悪者ではなかった! 
 
本当の歴史を知ろう)(手短かに知りたいかたは)
 
 
 
 
自虐史観から真実の歴史認識へ 
http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/rekishi01.htm
 「明治以降の日本は悪者だった」とする自虐史観は、もうやめよう。
 
 
 
 
日韓併合時代の真実 
http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/rekishi02.htm
 日本と朝鮮が仲良く手を取り合って生きていた時代があった。
 
 
 
韓流歴史観を正す 
http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/rekishi03.htm
 日本は、自立できない朝鮮を建て直し、救った。
 
 
 
中国の「正しい歴史認識」の正体 
http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/rekishi04.htm
 日本は、内戦に明け暮れる中国を救おうとした。
 
 
 
日中戦争の真実 
http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/rekishi05.htm
 当時のローマ法王も、中国での日本の行動を支持した。
 
 
 
日米戦争はなぜ起きたか 
http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/rekishi06.htm
 アメリカは、真の敵が誰かを見誤った。
 
 
 
日米戦争とは何だったか 
http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/rekishi07.htm
 「本当に勝ったのは日本である」というドラッカーの言葉の意味。
 
 
 
「南京大虐殺」は捏造だった
http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/nankingmj.htm
日本兵の犯罪は少数あったが、「大虐殺」はなかった。
 
 
 
日本とユダヤ 
http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/080nihon.htm
日本とユダヤは、こんなに密接にかかわってきた。
 
 
 
^O^☆♪^o^ ^O^☆♪ ^o^ ^O^
 
 
自分の歴史を考えた時に、
 
どんなに時間が経っても
自分の心に刺さっている問題の解消に
 オススメ!
 
  ↓ ↓ ↓
 
  ↓ ↓ ↓
 
 
《 個人セッション 》
詳しくはこちらへ
http://www.thetahealing-asatoya.com/conten…/session/line.php
 
個人セッションの申し込みはこちらから
http://www.thetahealing-asatoya.com/contact/?id=3
 
 
※ 緊急の場合はこちらへ
安里康次 あさとやすじ
080-4360-7505
 
 
・ω・#^.^#・ω・#^.^#・ω・#^.
 
 
※ 写真は
鶴間駅前に穴場発見*\(^o^)/*
 
1a251.jpg1a252.jpg

お勧めのリンク  「クリエイティブな人は子供っぽいとわかる20の理由!」

 

 

http://curazy.com/archives/95827

 

好奇心こそ、クエイエイティブになるためのヒント。

言い換えてみれば、好奇心の塊である「子供の発想」

こそクリエイティブに生きるためのポイント

ウェルス・コンシャスネスセミナー (オーストラリアのマークさんの開発した)を3日間受けてきました   WEALTH CONSCIOUSNESS 《富裕意識》 豊かさの精神構造 欠乏の精神構造 お金の歴史 お金にまつわる歴史的な思い込みのチェックからスタート 

 

 

 

 

 

 

ウェルス・コンシャスネスセミナー


(オーストラリアのマークさんの開発した)を3日間受けてきました

 

マークさんはオーストラリアの億万長者!

 

結婚して子供もいて仕事に成功して幸せハンパない笑顔(^O^☆♪

 

マークさんのシータヒーリングとの出会いは

ご自分が死の瀬戸際に起きたシータ瞬間ヒーリングから

だっていうから言葉に説得力がある。

 

(ここはヴァイアナと似てるね!言い換えると使命を持っているッて

言うことかな)

 

そんなストーリーを持っている方でした。(笑顔がとっても素敵♪)

 

 

(^O^☆♪ ・ω・ #^.^# ^O^☆♪


ここからはセミナーのシェアーです

 自分のノートを見つつ書きますね。


(^O^☆♪ ・ω・ #^.^# ^O^☆♪

 

 

WEALTH CONSCIOUSNESS

《富裕意識》

 

豊かさの精神構造

欠乏の精神構造

お金の歴史

 

お金にまつわる歴史的な思い込みのチェックからスタート

 

遺伝子に残されているお金に対するネガティヴな思い込みの解放

 

 

例えば

先祖が満州からの引き揚げで財産の全てを失ったとか。


大恐慌で財産、家や土地も失って苦労したとか


戦争で残されたのは命だけであったとか。


そのお陰でお金に財産に価値を置くことはなくなったとか。

 

 

富裕意識の為に

そんな過去の遺伝子に残された記憶から自由になるワークから

始まりました。

 

 

初日は遺伝子に残された思考パターンの書き換え。

 

何故このようなワークをやるかと云うと

 

人生が縮まるような世界へ行くのでなく


制限も越えて可能性も広がるような世界へ行けるようにする為!!!

 

人生が縮まるシステムがあると無意識のうちに閉鎖的になってしまう。

 

これを解放的に!


鎖国するでなく開国する方向へ変えていくことが大切!

 

鎖国していると外の情報を取り入れられないしね、


世界観を広げる為にも必要なワークです。

 

 

映画マトリックスの


光に包まれるほどの


シータ波に深く入る

 


素粒子の光に包まれる瞑想

 

本当はこの地上は光に溢れているんだと感じさせてくれる、


思い出させてくれる瞑想でした。

 

《このエネルギーに包まれたい方は安里のセミナーや実践会に

いらしてくださいね♪ 》

 

《上昇しているの拡張しているのか分からない程に

  愛のエネルギーが高まります包まれます。》

 

 

安里のセミナー、実践会に何度も参加されている方は

自信を持ってくださいね。 


普段から脳波がシータ波に深く入るとペアワークの時に


2人の手が一つになっているような(拡張しているような)

領域のことです。

 

 

自分の価値観を富裕意識へシフトするワークでは

 

自分の人生で何に価値を置いているのか


何故そこを優先しているのかをワークして


富裕意識へシフトするワーク!

 

最後は自分の人生の領域を広げたり高めたり、

低めるシステムは閉鎖して拡張する。

 

 

最後の最後の瞑想と呼び覚ましの20分は圧巻でした!

 

素晴らしいセミナーでした。

 

 

チョンチョン! お終いお終い!

 

 

写真は

マークさんと♪
 

 

 

 

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ ヾ(@⌒ー⌒@)ノ


 6月の実践会!

 

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

 

《 ヘミシンク&シータ実践会 》

ヘミシンクの世界では有名なタイさん(ヘミシンクトレーナー)

に遠くから来て頂きます。

 

 

ヘミシンクとは

http://tst-aso.com/?page_id=144

 

 

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

「必要な用意はされているから安心して委ねなさい」 


とガイドからのメッセージを感じる

 

シータとの関連性 共通性


高次なる存在からのメッセージを受け取る、その為に大切なこと

 

自分の作為無しにメッセージを

 

受け取る 


感じる


観察する 


リラックスして楽しむ

 

受け取ったメッセージを行動に移す!

 

関連する場所に行ってみたり


関連する人に連絡とってみるとか


関連する食べ物を食べに行ってみたり

 

その行動をとることで新たなる引き寄せが起こる

 

高次なるものと繋がりメッセージを貰い行動し愛と感謝と

貢献(奉仕) で生きる!

 

 

@⌒ー⌒@ #^.^# @⌒ー⌒@ #^.^#

(^O^☆♪(^O^☆♪(^O^☆♪

 

 

ヘミシンク&シータで「観る聞こえる感じる能力アップ実践会」

 

2015年

6月19(金)

 

参加料 

 

午前の部 5千円

午後の部 5千円


※ 安里のセミナーやセッション受講者は 4千円

 

定員 


午前の部 6名  残るは1名のみ

午後の部 6名  数名で締め切ります

 

※ 安里のシータサロン


【 アサドウハウス 】にて


神奈川県大和市南林間駅 徒歩3分


(参加する方へ案内送ります。)

 

※ 口コミ回せる方、またはシェアーできる方はお願いします

♪ ⌒ー⌒ ♪

 

 

ヾ(@⌒ー⌒@)ノ ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

お申し込みはこちらから


※「○○○実践会」をクリックしてください。


http://www.thetahealing-asatoya.com/contact/?id=2

1a189.jpg1a190.jpg

 

《資料として!》量子力学では人間が観測した物質の動きが変化する事が前から分かっており、人間が物を見るだけでも影響をあたえることが判明

 

 

 

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5977.html

 

資料として

1