ホーム > 「運命」ブログ > 外したほうが良い思考パターン! > 「豊かな者は、家族親戚先祖並びに助けを求めにくるすべての人々を助けなければならない!」
「運命」ブログ

「豊かな者は、家族親戚先祖並びに助けを求めにくるすべての人々を助けなければならない!」

 

 

「豊かな者は、家族親戚先祖並びに助けを求めにくるすべての人々を助けなければならない!」


と云う思いが湧いてきました。

自分が豊かになるに連れて助けを求められる状況が続いてきました。

ある時そんなに豊かになってもぶら下がり助けを求める人々
がくるのはイヤだなぁ~と云う思いも湧いてきて板挟みになってしまいました。


インドやアフリカなどの富を持つ者の思考パターンではないかと云うこと。

たぶんに歴史的レベルからきているんでしょう。

また実家である沖縄の先祖の生き方でもあったのでしょう。
沖縄では独特の金銭的相互扶助システム、「模合(ムエー)」がありますが、
助けることが当たり前であるのですが、それが義務のように
「助けなければならない!」となると・・・。(遺伝的レベル)


さて!


この思いグセはどうしたら良いと思いますか!





I would love to when I want to do.
(私がやりたいのであれば喜んでやります)

に変更して


やらされるのではなく

本当に自分がやりたいからやるんだ!

に変えれば心に負担を感じることなく責任を持ってやりたいから
やってるんだと
云う気持ちでいられる。


なんでもそうですが、背中に背負うなんてイヤですよねぇ。

小泣じじいのような腰が曲がってしまうような人生はゴメンナサイ。


そ~んなのはイヤだ!
(アンパンマンのマーチ♪)


自分がやりたいからやるんだ!


と云う気持ちがあれば生きて行くのは楽になりますし、自分の生きたい
人生に
エネルギーを注ぐことができるし、どうせ生きているのなら楽しく幸せに生きたいですよね。


かと云っても周りの人々が幸せそうにしてないとこころぐるしくなるのも人情。

なので余力のある時に、自分の喜びになるのであれば助ける。

その人の人生はその人の人生なのを理解してあげて、その人の守護している
ガイドの方々にお任せしつつ、喜んで手を差し伸べられる時にやれば良いことと
割り切って生きるのも大切なこと。


とまとまりました\(^o^)/


これをヒントに自分でセルフワークしてみてくださいね!~^o^~


おしまいお終い ~⌒▽⌒~


安里康次 あさとやすじ


写真は横浜ドイツビールフェスタにて♪ ♪ ♪