2012年3月

母逝くも見送りに間に合って!

ヘミシンクやシータヒーリングを始めた理由の一つに

 

父親、母親を上へ繋げる(看取る)という願いがありました。 



またレトリーバル(過去生の自分自身や他の縁ある魂を救う)の為でもありました。

 

昨日の朝、いつものことのように母親へ無条件なる愛を送っていたら、

 

お姉さんからmailが届きました。 


「オハヨー。3日前から病院に泊まっていますが、痛がると

 

モルヒネの量を増やすばかりの対処しかありません。

 

とろとろしてるか痛がるばかりで、会話もできません。

 

もう安らかに逝かせてあげたい・・・。 



きっと、康次からの“回復”への力が送られてくるからだと。

 

もう十分頑張ったので、安らかな気分にさせてあげてください。」と。 


これまでのセッションではこんな方がいらっしゃった、ことを思い出しました。 



母親を十分な看護を受けさせてあげたいと思い、

 

最高の看護が受けられる場所を決めて移動る間も亡くなった。

 

最後の最後まで別れたくない、という想いから

 

亡くなっていったお母さんへ何もしてあげられなくて、

 

その心残りが自分自身を責めて苦しめている方がいらっしゃった。 


そんなことが思い起されて、母ちゃんは十分な看護もして挙げられたし

 

、もう心置きなく何の心配もなく成仏させてあげてと。

 

何で僕にこんなお役目mailくれるのと、一瞬チラリと気になったが

 

次の瞬間には行動していました。 


僕はこんなmailの返信をお姉さんへ送り返していました。 


「母ちゃんに痛みを持たせることで、この世の中から、もう卒業しても良いよね!

 

こんなに苦しいのなら、あっちの世界に行けても良いよね。

 

って学びをさせて地上から離れる用意をさせているようです。 


子供や孫には、もうこんなに痛みがあるのならこの世から離れて

 

あっちの父ちゃんが待っている世界へ旅立っても良いと思えるように、

 

生きているものたちの執着を手放しても良いと

 

用意させて居るとかとも思えたりしました。」 



毎日母に付き添っているお姉さんの気持ちmailからか、

 

僕の気持ちも決まりました。お母さんを第七より看取りに行こうと。 


人生始めての《看取りシータ》です。 


まずは、上からお母さんへ声を掛けました。 


「母ちゃん!母ちゃんのあちらへ行く心の準備はできているでしよ。

 

こちらこの地上での学びは十分やってきたよ。本当にお疲れ様。

 

やるだけのことはやって来たよ。もう十分やってきたから。 



今回の人生での学びは完了したことを分からせられるよう言葉を送りました。

 

周りの子供や孫たちも母ちゃんと離れる心の準備が出来たことも伝えました。

 

僕の心にも。お姉さんからもお願いのmailが届いたよ。 



あちらの父ちゃんやおばあにも来て頂いたから安心して。僕もいるし。 


父ちゃんやおばあが迎えにきてくれているから大丈夫だよ。

 

僕も心だけ一緒に迎えに来たよ!!! 


もう力を入れないで肉体にしがみ付かないでも大丈夫だよ。 



痛くない世界に行けるから大丈夫だよ。

 

痛みに気を失うこともこれでお終いだから。

 

あっちの世界に行こうよ。迎えにきたんだよ。

 

あっちの世界で美味しいもの食べたり温泉入ったりできるから!

 

大好きなステーキも食べれるよ。食べたいだけ食べて良いんだよ。 



その後 

「母ちゃん!   母ちゃん!   母ちゃん!  目を醒ましなさい!   行くよ!
 起きて!

 

  行くよ!   行くよ!   起きなさい!  目を覚まして出発のお迎えに来たよ!  

 

               康次だよ!  迎えにきたよ!  行くよ! 起きなさい!」 



と声をかけるとセミが脱皮するかのように、

 

身体からムクっとボンヤリと痛み止めのモルヒネから目を覚まして立ち上がりました。

 


肉体の僕は涙ポロポロ流しながらも、長袖で鼻をズズズっと

 

すりすりしながらお母さんを父ちゃんやおばあと一緒にあちらの世界へ参りました。 


毎日毎日無条件なる愛をおくり続けていたせいかスイスイと上がっていきました。

 

父ちゃんやおばあも何年も前に第七へお連れしているので
何の負担も

 

掛からずに上がってくれるし、僕の役目は目覚ましの声係りだけだったかも。 



ボンヤリとしているお母さんを父ちゃんやおばあに任せて肉体の

 

僕自身へと戻りました。その時間5分くらい。 


僕は、鼻水と涙でクシャクシャな顔を洗ってると。 


携帯電話がリリ~ンと  ^O^ 



「お母さん亡くなったよ」とお姉さんから。 


丁度お母さんを第七へとお連れした時間とビンゴぴったしでした。 




あぃ~母ちゃ~ん(゜0゜)と

 

ポツリポツリと、しっかりと上へ繋げたにも関わらず、自然な涙が滂沱に流れて♪ 


喜びの涙やしらん。

 
お別れの涙やしらん。 


母逝く見送りができた安堵かしらん。 


昨日の朝のアナトミーは、そんなシエアーから始まったのでした。 


福岡の地にて素晴らしいアナトミーが開催されています。

 

ありがとうございます。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ 


お母さん!インドからの学びから、僕の帰国を待ち受けてくれて、

 

命長らえて最後に一眼会えるまで待ってくれてありがとう。


 


僕に新たなる自信をつけさせる為に辛い想いをしてまでありがとう。 



最後をあちらの世界から看取り、第七へとお連れで来たことへ

 

愛と感謝を捧げ、ガイド、ハイヤーセルフ、父ちゃん、おばあ、

 

すべてなるものへ、委ねて、お別れしました。 


ただ今は、沖縄への飛行機(お葬式の為に沖縄へ向かう)の中で

 

一連の流れを書いてみました。アナトミーは皆さんの許可を得た上で

 

ピンチヒッターの◯◯さんへ委ねて。 



インドの地にて、ヴァイアナさんが言っていた一言を思い出されました。

 

「親のお葬式には参加するように!」と。あれは僕のことだったなぁ、

 

と思えて、また、アシスタントがアナトミーの初日から居たこと。 



まったく全ては用意されて居たとはこのことでした。ヴァイアナにも感謝。

 

ガイドやハイヤーセルフ、すべてなるものに感謝。 


何かの参考になり、ご自分でもこんな機会を持てたら一生の感動と

 

なりますことを伝えたくて書きました。 


安里康次 

 

Love & Gratitud 


愛と感謝を込めて 

ぴかぴか(新しい) ぴかぴか(新しい)  ♪   ♪    。-_-。    ♪    ♪  ぴかぴか(新しい) 
ぴかぴか(新しい)  

シータ マスター になりました。

念願のマスターになれました。

夏にはサイエンスになることは決めてあります。

 

インドの地にて学ぶ意義のあった一ヵ月半でした。

 

ありがとうございます♪

 

インドの地にてマスター誕生されたことを

 

全てのみなさんに祝福を受けて感動的でした。

 

嬉しいぃ~♪

 

ヴァイアナもガイも

 

たなびく紫色のオーラを輝かせて祝福してくれてありがとう♪

 

ヴァイアナより、7つのデバイングタイミングが控えていること。

 

祝福と豊かさは用意されていること。10月にはデバイングタイミングが来ること。

 

その為の用意はすでに始まっていることなどを耳打ちされて感激♪

 

こっそりと隠して載せないでおこうかなと思ってしまいましたが、

 

シェアーすることも大切♪

 

みなさん!ソウルメイトは必ずいます!宇宙はサポートしてくれているんです。

 

楽しく前へ進みましょうねぇ~♪

 

Iフォンからの映像 418.JPG

ドコモ携帯からの映像 451.jpg
 
 
 
 

僕がインドへ行っていて居ない間にどんなに大変だったのかと(今もインド滞在中ですら♪)こんこんと諭された

さてさて、僕がインドへ行っていて居ない間にどんなに大変だったのかと

(今もインド滞在中ですら♪)こんこんと諭されたというか。 


ハイ!急なご要望にはインドの地にても応えていますよ。

スカイプで♪とお答えしたら

「もっと早く伝えて欲しかったぁ~!」とちらっとお小言が。 


なので 


サイキックアタック(愚痴の大きな重い奴だと思えたら良いかも、

一種の呪いのようなものかもなぁ♪) 


でお困りの方 


シータのインストラクターを目指している方でシータの深さにお困りの方 


どうしても4月のシータインストラクターコースまでに深さを出したくてお困りの方 

にはお勧め。 



一種の愚痴を言われたり、それも毎日のように言われていて

身体に反応がでるほどになってしまう場合にお勧めは1時間の個人セッション。 


えぇ~?

 

今の日本にそんな呪いをかける仕事をしている人がいるんですかぁ~と

思うでしょうが、商売の最前線では行われているようです。

僕は知りませんでしたがね。そんなようです。

何故かこのような依頼もくるようになりました。

だってシータの深さを出せるようになったら外せますからぁ~♪

念のために一言!自分自身に怖さがある人。

自分自身に残されている怖さを浄化を済ませてない方は

止めたほうがいいですよぁ~♪まずは自分の中の怖さの経験をたくさん癒して、

浄化することが先決ですよぉ~♪ 

呪いのようななんかイチャモン付けられているような感じが絶えずしていて

 

お困りの場合は1~2時間の個人セッションがお勧め♪ 


身体が不調でお困りの方にもお勧めします、

 

そんな方には1時間から始めて貰えたら良いかもです。 



何故こんなに自信をもって書くようになったのかと云うと、

こちらに来てヴァイアナさんの基礎インストラクターコースから

始まってアナトミーインストラクターコースを最後に10個のコースを受講して、

たくさんのインストラクターさんやインドのサイエンスの方々からも

お願いされていてチラッと自信つけちゃっています。

更にグレードアップしちゃっているようです。

たぶんにヨイショもされているんでしょうがね♪ 


別にスカイプのセッションのことは内緒であった訳じゃありませんので

怒らないでくださいね。いつでも空きがある場合はお受けいたします。

まずはメッセージでもシータジャパンの名前検索から探してでも 


僕の開いているホームーページ   



《シータヒーリング専門店 安里屋》 って八百屋さんのように

簡単にご利用できるような専門店とノリで始めました。

探してみると良いかもです。 


あぁ~ビックリしないようにね。 

僕の日記をいつも読む人は分るよね。 

ただのおじさんですからぁ~♪ 

ちょっとお茶目で遊び心一杯でチャレンジすること大好きな

 

普通?のおじさんですからぁ~♪ 



僕の今の夢は御殿場の富士急ハイランドで、
高飛車というジェットコ-スターに

 

乗ってみて、身体に残された細胞に残された記憶された

 

過去の怖さが湧くのかを検証してみること。 



3~4年前まではバンジージャンプの1回目にビビッてしまって

 

足腰が震えだして、側にいたお姉さん(管理人のガイド)に

背中を押して貰った自分自身から

 

どの位成長したのかを試す良い機会かも~と♪

その後、17回も飛んで高所恐怖症を克服しますかがぁ~♪

 

(何しろその頃は体育会系のテニスコーチモードでしたらかねぇ~♪) 



あとの夢はねぇ~温泉入って、昼間からビール一杯のんで

酔拳の仙人のようにブラブラお散歩したいかも。

それと妻の作ったトンカツ、餃子を美味しい大好きな銀河ビール、

 

ペールエールビール、のような味のするビールと一緒に家族で食べれることかな。 


あとはねぇ~♪面白い人にたくさん逢いたいかなぁ~♪ 


じゃねぇ~♪ 

そんな安里さんでしたっ♪ 

あ!ゴメンナサイ♪ 
本気で個人セッションが希望の方はメッセージでは無くて、

ホームページを探して申し込みフォームから申し込んでくださいね。

 

携帯からだけ見ていて、PCモードから申し込みできない方に限り

このミクシーのメッセージを受付します。 

よろしくねぇ~♪ 

ただ今インドの時間でいうと5:13分、真っ暗な朝です。

 

携帯の明かりを目印にしながらニューデリーの都会をランニングしてきまっす♪ 

ではぁ~♪ 


写真は多摩のどこかで撮った♪ 


見ているだけで上昇できるからね♪

上昇安里.jpg

インドにて 《ホーリー祭り》からの学び♪ 「怖さが笑いに喜びに変わる瞬間」

インドの大きな《ホーリー祭》に行くために「ゴビンプリ駅」に行きました。 

 えぇ~何故? 

駅の入り口が閉まっていました。

東日本大震災の当日に駅が閉まっていたのを思い出して。

唖然と2~3秒立ち止まってしまいました。 

インドの祭りに参加したい僕としては許せない一件なので、

気持ちを変えてご近所のお祭りから参加しようと。

近所のお店の多いところへ行けばお祭りしているかなあ~と♪ 



お店閉まっているとこが多い!お祭りは完全にアウトになりかけていました。 

 いや~だぁ~お祭りしたい! 

どうしようとブラブラしていたら、前を歩く人の頭上から

 

色水が投げかけられているのを見ていたら、面白そう♪と

 

心がドキドキしてきました。道路の頭上には気をつけて歩き出すと

 

あっちからこっちからと投げかけられる水と思いきや色のついた水なのでした。 



子供ばかりではなく大人も混じって、水や色水の入った風船を

下を歩く人やバイクに目掛けて投げて喜んでいるんです。

 

この日だけは許されている行事♪民家の間を歩くほうが面白い♪ 

このお祭りがメインバザールと云う大きな市場に行くと面白そう! 



だけど電車は無い! 



かどリキシャは走っている。行こうよ~♪行くか♪行こう!!!

 


と普段よりも二倍三倍も高い料金で走っているリキシャに乗って30分。

 

お祭りの為に移動するのは高校生の頃にお姉さんに連れられて

お盆の盆踊り巡りに行って以来。ワクワクドキドキ♪ 



始めはお回りさんの側を離れられないのだけど、一目散と歩き出して

20秒後には顔からシャツに粉をつけられて、こちらも付けてあげてハグ、

「どこの国から来たの?日本!アナタは?イラク!」 


インドだけじゃなかったんだよね。

 

国際的に楽しんじゃおうよ~という方々が道端にゴロゴロ。 

自分の潜在意識を鍛えなおすにはもってこいの状況でした。

 

潜在意識って少しでも怖い状況だと身体が拒否する反応をしませんですよ。

 

一旦その中に入って揉まれてみて安全であると分って、

 

それも楽しいと分れば進んで勧める力になるんですよね。 

自分の行動をおこす原動力になるんですよ。

 

そんなインドの地には溢れているのでした。

 

それと若い日本人の男性も女性もいてね。

 

これからの日本の将来も諦めることは無いですよ。 

こんな若い方がチャレンジして前向きに進んでkるのを

 

見ていると嬉しかったなぁ~若者に胸をかしてもらった感じかな♪ 



インドのヴァイアナさんシータセミナーは参加されたかたと3名で

 

ホーリー祭に参加しましょうよと約束していたのに

 

直前になってみなさん「止めますぅ~。」と 



僕はこんなチャンスは二度とないかもしれないと、

 

二時間くらい通りを二往復して自転車リキシャでブラブラしながら

水鉄砲で何度も掛けられながら楽しんできました。いったいどんな色に変わっているのか分らないくらい色づけされて♪ 

飛び込んできる勇気って大切! 

人間ってやっぱり動物的な感覚で自分を守るシステムがあってね、

 

過去に経験して痛い目にあった出来事や、経験したことのないことには

 

恐れが湧いてくるようになっているんですよね。

 

実のところは自分自身を守るためのシステムなんですけどね。 

恐れにひるんで前へ進まないのって僕は好きではなにので、

 

なるべく前へ前進することを心がけています。そういってもね、

 

人一倍恐れに対しての反応が多い人生を歩んできたので始めは大変でしたよ。 

だってね、小学校の6年生まで、中学に入る2~3ヶ月まで

 

夢にうなされて寝小便たれていたんですから。

 

何故か怖いことに挑戦する気持ちが湧いてきて冒険が好きになりました。

 

(たぶん成長期に入ってホルモンの作用が強くなったからかと♪) 



今回の祭りの学びは「怖さが笑いに喜びに変わる瞬間の発見」身をもって体得♪ 



自分が「ホーリーのお祭りは怖い」と思っていたらその怖さが

 

自分の成長を止めていることに気がついたこと。 


    身体が反応するのを外すのって良いなぁ~♪ 
    可能性を止めていた思い込みを外すのって素晴らしい♪ 


まずはやって(ホーリーのお祭りに参加して)みて、

 

(お祭りに参加しても)大丈夫だと分って、安心していられる、

 

安全で居られるんだと知って、どの位なら大丈夫なんだなと閾値というか

 

限度というか加減も分って、そのお祭りに参加して

 

お互いに喜びを共感できる幸せをてにして、人の喜びを自分のものにしても

 

大丈夫なんだ、安心していられるんだ♪国じゃない肌の色じゃない

 

背の高さじゃないお金のあるなしじゃない、男性だから女性だからって訳じゃない、

 

一緒に同じ時間に居られて幸せで居られて、

 

こんなに幸せアリガトウと感じあえたことに感謝♪ 


皆さんの一日一日が幸せな一日でありますように♪ 


人生の可能性の閉ざすことなく前へ進めますように♪ 


人の幸せを喜びを自分の喜び幸せとできますように♪ 


人と眼をあわせて瞳の奥から愛と喜びを引き出せる人となりますように♪

 

人にどう思われているかに関心があるあまりに自分自身の

 

可能性にチャレンジしないで、人生を前へすすむ力を落とすことなく、

自分の隠された能力を信じ!隠された才能を信じ!

 

少しであっても一ミリであっても前へ進んだときには

自分自身を誉めて励まして、自分自身の自信を

 

毎日一ミリ一ミリ積み上げていくことに喜びを感じさせ、

 

そんな生き方が周りの人に自然と自分自身の生き方の気持ちを

 

送っているんだ、と気がついたときには周りの人も巻き込んで

 

前向きなポジティブな生き方から、相手の心の奥底に眠ってた

 

小さなその人の魂の灯火に火をつけることになってしまっていたような。

 

そんな人が少しでも増えますように♪ 



そんなインドでのお祭りでした♪ 


たくさんの人種の坩堝(るつぼ)である国インドでの学びはここに尽きるかもしれまいなぁ~♪

ホーリー祭り1.jpg

ホーリー祭り2.jpgホーリー祭り3.jpgホーリー祭り4.jpgホーリー祭り5.jpgホーリー祭り6.jpgホーリー祭り7.jpgホーリー祭り8.jpg

1